FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPカカオの部屋 ≫ 「誰も愛せない」vs「誰にも愛されない」

「誰も愛せない」vs「誰にも愛されない」

心を奪えなかった腹いせに
その男の愛する女をころし、
男自身にも呪いの魔法をかけて
ヴァンパイアにしてしまった魔女は・・・


000001.jpg


200年後に再会した後、
対決に敗れて息絶える前に、こう言いました。


「愛していたわ」


ヴァンパイアは、こう返します。


「いいや。それは愛ではない。
 それは ただの支配だ。
 誰も愛せない・・・
 それが、お前にかけられた呪いなのだ」




 000001-4.jpg
(TV放映していたので
 ついつい観てしまった 映画「ダークシャドウ」 より)



   ************


ティム・バートン×ジョニー・デップの
コミカルなファンタジー作品なのですが、
クライマックスのこのシーンだけは
おおお・・・と考えさせられてしまいました。

(あ、セリフは日本語吹き替えのそのまたウロ覚えなので、
 正確なものではありません)



「誰も愛せない」という呪い・・・


オソロシヤ~(涙)


その想像だけでも充分オソロシイのに
ふと、


「誰にも愛されない」という呪いと
どっちの方が、よりオソロシイだろう?


などと、考えてしまったから、さぁ大変。



どちらかの呪いをかけられることは免れないとして、
さて、どちらを選択するか・・・



むぅぅ・・・


答えやその理由は、人それぞれで違うんでしょうね。


ボクは、今のボクなりの答えを打ち出してみましたが、
想像して沈み、思考して疲れ
書く元気がなくなっちゃった。(←ばか)


ボクの思考における比較の基準は、

どっちがツライか、ということよりも
どっちが欠けている方が、より人間らしさを失うか

というところにあったかと思いますが・・・


想像力が足りてないだけかも・・・


これから先に経験することや、
自分の人生のあり方によっても
またコロッと変わるかもしれない・・・とも思います。


だから
考え続けてみようと思うのです。



あんまりしんどくならない程度に~(涙)



カカオ
20170627-10.jpg



Comment

深い淵、ですよね。
編集
残念ながらこの映画を観たことは無いけれど、そこからカカオさんが
得た「どうどう巡りの思考」には思い当たりもあるような。

>どっちがツライか、ということよりも・・・
ここに至っている辺りが客観や慈悲も入っていて、深いなあ、と。

かわいさ余って憎さ百倍、愛情と憎悪はいつも背中合わせのBLUE。
「想い」が「思いやり」を飲み込むほど強い執着を生んでしまった時が
「愛」を見失う分水嶺なのかもしれない、と思っています。
2017年06月27日(Tue) 21:04
No title
編集
独占し、支配する事が愛ならば、世に言う独裁者は最も神の教えに忠実です。
ヒトラーやムソリーニは間違いなく天国に召されるでしょう(笑)
2017年06月28日(Wed) 13:38
こんのすけさんへ
編集
こんばんは♪

「堂々巡りの思考」
よくハマるんです(趣味か?っていうくらい。笑)

でも、堂々巡りそのものが好きなわけではないので、
“現時点での自分なりの答え”は、
出来るだけ出すようにしています。
「いずれにしても、正解なんてないのさ~♪」な気分で(笑)


> 「想い」が「思いやり」を飲み込むほど強い執着を生んでしまった時が
 「愛」を見失う分水嶺

私の考えを「慈悲も入って」と仰ってくださいましたが、
こんのすけさんこそ、とても優しくて深い捉え方だなぁと…
とても考えさせられました~。

そもそも、その大元の「想い」が「愛」に基づいたものだと
私は考えていなかったかもしれません。

そ、それはつまり、
「誰も愛せない」=「愛がない」とは限らない
ということにもなりますよね(汗)

ひぇ~っ!その辺りも含め
またイチから考え、周回してきま~す♪(笑)


おつきあいくださり、
ありがとうございました~!

2017年06月28日(Wed) 23:24
sado joさんへ
編集
こんばんは♪

性愛における支配欲、というのは
まったくわからない、ということもないですが…

人間が、他者の人生、その尊厳に至るまで
チカラづくで支配するということに
純粋に心からの悦びを感じる…って
正気の沙汰としてもあることなんでしょうか…

正気と狂気の境界線の問題はびみょーだとしても、
とにかく少なくともそれは「愛」ではなく!(←声を大)
でも、それもまた
人間の本能、本性の一部ではあるのでしょうね…(涙)


まだまだ考えていきますです!


ありがとうございました♪


2017年06月28日(Wed) 23:45
興味深い話題ですね♪
編集
こんにちは(*^o^)/
いつも拝見していますが、コメントは初めてさせていただきます。

愛することと、愛されること、どちらかだけを感じることはできるのでしょうか。
愛したことのない人が愛されているということに気付けるのか、
反対に愛されたことのない人が愛するということを覚えられるのか、
「誰も愛せない」という呪いがこんなに怖く思えるのは、
愛されていることにも気付けないというのも付随するからかと思います。
2017年06月29日(Thu) 21:43
No title
編集
初めまして

いつも純粋な愛溢れるお二人の言葉の一つ一つに、心温まる思いで読ませていただいています。

「愛せない」と「愛されない」にちょっと反応してしまいました。

実は、うちのインコさんに どっちがいい? と聞いてみました。

答えは
「愛されなくても、愛したい!」
でした。

「愛する人から愛されたい」という呪縛から、解き放たれたとき
見えるものがあるのかなあなんて、年甲斐もなく思ってしまいました(^_^;)

お二人の未来が 光あふれるものでありますように…
2017年06月30日(Fri) 00:05
在嶺結為さんへ
編集
はじめまして♪
コメント頂けて、とても嬉しいです!

はい、私もはじめに考えたのが…

うまく芽生えさせ、強く育てていく環境?努力?は必要かもしれなくても、
愛とは本来人間に備わっているもので、
たとえ誰にも愛されなくても、自身の中に愛を持つこと、
誰かを愛することは出来るだろう…ということで、

反対に「誰も愛せない呪い」をかけられたとしたら
それは自分の中にある「愛」を奪われたということで、
ないモノは、人から受けても気づけない、感じない…

つまりは、客観的に見たら二重苦だという気がしましたし、
それは、まさに
結為さんが記事で書いていらした「要らない才能」…、
人間らしい幸せも、人間らしささえも奪う、
よりオソロシイ呪いなのでは…? と考えました。

とは言え私は(恵まれたことに)
「誰にも愛されない」つらさを知りません。
本当の意味での恐ろしさの比較なんて、
出来ていないのかもしれない…

「誰も愛せない呪い」なんかより
「誰にも愛されない」苦痛の方が
よほど理解や救済を要する現実的な社会問題でもあるのに、
所詮キレイ事やファンタジーに走っているのかな、と思ったり(汗)


・・・ゆっくり考えていきますね(笑)


ありがとうございました♪
2017年06月30日(Fri) 01:46
こすもさんへ
編集
はじめまして!

いつもたくさんの可愛い画像に癒しを頂戴しております♡
コメント頂けて、とても嬉しいです!

なんと!
インコさんたちが、そのように!?(嬉)

そうですよね、本来「愛」が備わった生き物であるならば、
自身が深く深く感じることで、大きな喜びとなるはずですよね♪


> 「愛する人から愛されたい」という呪縛から
 解き放たれた時、見えるものがある・・・


おおお・・・深い・・・!


見てみたいですね~、
私にそんな時が来るのかなぁ(汗)

でも、そこまで達観できたその時こそ、自信を持って
自分なりのアンサー記事を書けるのかもしれませんね!(←気長すぎ…?)


私たちのために優しいお言葉まで頂戴して、
本当にありがとうございました!

これからもインコさんたちの可愛いお姿を
楽しみに拝見しに伺わせていただきます~♪
2017年06月30日(Fri) 02:16
おはようございます!
編集
この二つの言葉・呪文?
「誰も愛せない」「誰にも愛されない」

一つなんだろうと、二つで一つ、対、始終、循環する原因と結果、、、
始まってしまえば終わらない因果性、

誰も愛さないから、誰にも愛されない、

愛は循環している、それを絶ってしまったがために
流れが止まってしまった、、、
そういう呪いの呪文だったのかも?

この映画は「今度観よう映画」リストにあるので
観たらまたコメしますね!(ほんとかよ?)

またきます、ではでは~!
2017年07月01日(Sat) 06:55
ダリルジョンさんへ
編集
こんばんは♪

そうなんですよね、映画の中の美魔女も、
ただ強引に色じかけや脅迫で思い通りにしようとするのみで、
相手の心、自分の心にさえも、
全く目を向けてはいなかったと思います。

> 愛は循環している

いい言葉ですよね~♪

呪いをかけているに近いような
または、どこでかけられてしまったんだろうというような、
理解に苦しむ人たちのニュースを目にすることが多い昨今ですが、
取り戻していきたいですね・・・、愛の循環♪

「今度観ようリスト」の何番目かは存じませんが
もしご覧になったら是非またご感想をお聞かせください(ほんとにねっ♪笑)

ありがとうございました~!
2017年07月01日(Sat) 21:05












非公開コメントにする