FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 「会いたい」と口に出す日

「会いたい」と口に出す日

私たちが付き合い始めた頃
カカオがこんなふうに言ったことがありました。



「『会いたい会いたい』って言わないからって
 『あぁ、会いたくないんだ』っていう図式はヤメてね・・・」


ボソッと言ったこの言葉。
カカオの色んな気持ちが込められていたと思います。


当時も今も、カカオの一番の理解者でいたかった私は
このとき精一杯の わけ知り顔をして言いました。


「うん。わかった・・・」
ttt-2.jpg


けれど!

実際の私の心の中は・・・



「な・・・なんで?」

tta-1.jpg


当時はまだ、色々なことが手探り。

「どうして会いたいのに言わないんだろう?」
というシンプルな疑問から、

「私が言うのはいいのかな・・・?」とか

「実際に会う日にちや段取りを決めるときも
 いつも私からでいいのかな・・・?」とか

しばらくは悩んだものでした。(笑)


カカオに似て私も受け身なところがあるので
はじめの頃は特に、

迷惑だったらどうしよう・・・
無理させてしまっては大変・・・

そんな気持ちが大きくて、
なかなか「会いたい」と口にすることができませんでした。


でも、だんだんわかってきたのです。


カカオは、とりあえずどうしようもないことについて
モヤモヤと悩んだり、苦しんだりはしないよう
気持ちを切り替えて過ごすことができる人。

実際に会うのが難しいときに
「会いたい、会いたい」と考えても仕方ないので
「考えない」ようにするだけで・・・

そして、恋愛以外のこともきちんと大切にする人だから
「会いたい・会わねば」に支配されないように
自分を律しているところもあるのだと。


「あなたに会いたいな」

そう口に出し、

「あなたも会いたい?」とか
「じゃあいつにする?」とか
何にも聞かずに。

ただ伝えているうちに、いつの間にか
カカオもそっと返してくるようになりました。


「うん、会いたいね」

その緩やかな変化が、嬉しかったりします。


いろんなことに慎重になっていた
野生のキツネ「カカオ」が
「会いたい」と口に出してくれるまでのお話でした。^ ^


シロップ



ttr3.jpg 
  でも、何年経っても相変わらず
  受け身だし誘い下手な私たちなんですけどね・・・



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!



Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)