FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 初デートから今・・・そしてこれから

初デートから今・・・そしてこれから

新幹線を降り、
連休の、とても混んだロータリーで
お迎えに来てくれるカカオを待っているとき
私はふっと、初めてここで
待ち合わせた時のことを思い出しました。

わざと本当に乗るものより
一本遅い新幹線の時刻をカカオに告げ
早く着いた時間で、ドキドキしながらお化粧を直した私。
(新幹線の中ですると、酔っちゃうので・・・^^;)

そんなことを考えていたら、今回
もう一つ、初期のデートを思い出すことがありました。

今回のデートはカカオと
普段出来なかったことを色々と出来たのですが、
その中の一つ、二人でぶらぶらと
デパートでショッピングをしていたとき
偶然、初めて一緒に珈琲を飲んだお店を通ったのです。

このブログにも以前書いたことがありますが、
その時私は緊張し過ぎて、注文した紅茶をほとんど飲めず
カカオはそんな私に、好きな食べ物は何?と聞きました。

私たちはまだ、お互いのことを良く知らず
手探りで、好意を持ち合っているもの同士
相手の頭と胸の中を模索していたのでした。


当時を思い出してお店を振り返っていると
「ここで紅茶頼まなくていいの?」と
カカオが悪戯っぽく言うので、思わず笑ってしまった私。

今はもう、何も聞かなくても
カカオは私の好きなものをカゴに入れてくれるし
私は大きな口を開けてそれを食べることができます。

新幹線は本当に到着する時間を告げるし
お互いお化粧の落ちた顔で笑い合うこともしょっちゅう。

初々しさが無くなっていく代わりに
私たちはとても大切なものを手にしているような気がします。
おそらく、信頼関係と呼べるものを。

少しずつ模索していた相手の心の中を
歌いながら散策できるようになり
心からリラックスして過ごせる今・・・

そんな気のおけない散策でも
私は日々、知らなかった木立の影や輝く小石を
カカオの中に見つけては、感嘆のため息をつくのでした。

落ち着いた穏やかさの中でも
変化し続け、新たな感動を与えてくれるカカオを
私はとても尊敬し、
毎日、いくつもの「初めて」を感じながら
これからの長い時も、一緒に過ごしていきたいと
願ってやまないのです。




シロップ


IMG_9070.jpg







Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)