FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 書くこと(カカオの場合)

書くこと(カカオの場合)

心の中のモヤモヤや
頭の中のごちゃごちゃを整理するために
私は「書く」という作業をしてきました。

心がキャッチしたモノを
頭がどう解釈しているのか
いくべきなのか・・・

言葉に、文章にするぞ、という意識を持つことで
必然的に問題のポイントが絞られ、
実際に書いてみることで
思わぬ思考の偏りなどに気づけたりもして、
とてもいい作用をしてくれるからです。

そして、それを何故ネットで発信してきたか、と言えば、
それはもう
自己顕示欲以外のナニモノでもなかったのではないかと。

元々モノグサな上に遅筆な私にとって
(自分の精神衛生上必要とはいえ)
とてもとても面倒くさい「書く」という作業。

これを続けてこれたのは
単に思考の整理だけでなく発散というオマケつきで
自分の旺盛な顕示欲を、いとも手軽に満たしてくれた
ネットのおかげだと思っています。


ただ、その有り難いネットでの発信も
どんな人の目に、心に、触れるかわからないので
(長くなってくると、人との交流なども増えて更に)
実際には、とても気を遣うという問題がつきまといます。

考え方や行動を叩かれるのはやむを得ないとしても
配慮不足から誰かを不用意に傷つけることは
出来るだけ避けたいもの・・・

すると、たとえば

今日食べたポークソテーが
いかに美味しかったかという話も、
ミニブタを家族のように愛し育てている知り合いがいて
これを見ている・・・と思うと、書けなくなる。

ま、ポークソテーの話ぐらいなら諦めますが、
本当に書きたい事が書けない。書いたけど出せない。
ということが度重なれば、当然ストレスになります。

それで私は、自分の文章スタイルを

「何があったとか、何について話しているなどの
 説明的なことは書かず、
 感じたことと自分なりの捉え方だけを簡潔に書く」

というふうに変えてきました。

「ポークソテー」とか「食べた」とかは書かずに

 心震える感動・・・
 この指が
 この舌が
 必ずや再び求め
 熱い衝動とともにボクは
 いつかまた
 ここに舞い戻ってくるだろう・・・

みたいな(笑)

それがたまたま
「あら♪なんだかちょっとポエムちっく?」なんて思えて
詩のなんたるかも知らずに
ポエムのカテゴリーにもお邪魔してみたりして。

(人さまには意味不明でも気にしない。
 プライベートを晒し、共感や理解を求めての必死の自分語りは
 もう過去にし尽くして疲れちゃった。苦笑)



でも、そんなこともね、
全然無意味かなって思うこともあります。

もしかしたら、ミニブタちゃんのお宅が、実は
盛大に豚しゃぶパーティーとかしてるかもしれないし。

前述のように、削りに削って書いたら書いたで
「どこかで誰かと遊んだに違いないわ。
 シロップさんが可哀想」・・・なんて
誤解されるかもしれないし。

このブログに関しては、
あくまで「二人のこと」に特化して
100%ではないにしても、
ほぼソレを崩さずにやってきたつもりなので
苦労や問題は少ない方だったかと思いますが・・・

それでも決してゼロ、ではなかったし、
これからもある・・・のかな。


「人を不快にしたり
 傷つけたりすることを書いてはいけない」

理想としては、確かにそうでしょう。

でも、私はそこに、
「故意に」というひと言を付け足さなければ
ネットでの発信など、
到底やっていけないと感じています。

それを足した上で胸に刻み、これからも
書いていいことと悪いことの選別や
その表現法に試行錯誤しながらも・・・

やはり書くことは続けていきたいと
しつこく、思っているのです。



カカオの方

IMG_4196-10.jpg




Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)