FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPSuite Sweet Suite ≫ モジバケよりコトバケがヤバげ

モジバケよりコトバケがヤバげ

はじめて「文字化け」という現象に遭遇したのは
もう随分前のことだけど
友だちからのメールだった。

「ややっ!? これは何の暗号だ!?」

焦って律儀に
一文字一文字を 目で追ってしまった自分が
今でも悔しい。


“互換性”の問題 なのだと聞いた。


互換性ね・・・

互換性・・・?


“相性”みたいなモンだよ と。


あぁ、なんだ。相性。
早く言ってよ。と(アナログ人間なんだから)



その時に、「文字化け」というネーミングが
わかりやすい上に、ちょっと愛嬌さえあって
いいなと思って。

そして、文字化けのように
一目瞭然に分かるモノではないけれど、
言葉が化ける

「コトバケ」(言化け)

っていうのも
あるよね、実際。と思った。


ボクが思う「コトバケ」には2パターンあって、
ひとつは

“書き手の本当に伝えたい気持ちが
 素直に言葉に変換されていないパターン”

仲良しなはずの恋人同士が喧嘩した際の
「売り言葉に買い言葉」なんていうのは
ある意味 典型なのかな。
   ↑
(ストレートで分かりやすい例ではあるけど
 意外と 発した本人さえ本心と気づいていない本心が
 含まれていることも多いので要注意)


書き手の気分や性格といった ごく単純な事も含め、
裏に潜んだ何かによって
意図せず言葉が捻じれてバケてしまうことって・・・

自分にもあるし、
人に感じることも少なからず ある。


もうひとつは、

“読み手が(前記の)「裏に潜む何か」を
 勝手にコレだと決めつけて
 誤った深読みをするパターン”

文字化けを 暗号だと思い込んで必死に眺めていたら
あるはずのない規則性やメッセージが見えるような気に・・・
ボクが なっちゃったようにね(・・・悔しい)

書き手からしたら
こういう勝手な「コトバケ」は迷惑な話ではあるけど・・・


迷惑な話ではあるけど・・・



迷惑な話ではあるけど・・・
(繰り返しと強調に、別に深い意味はありません。ありませんったら。)



これも、すごく大雑把に言えば
“互換性”の問題なのかも・・・?

いや、“ご感性”の問題・・・?

つまりやっぱり、“相性”の問題???


いやいや・・・
結局は読み解きようのない 暗号 文字化けと違って、
「言葉」となっている以上、それは
人の心を救いもすれば、えぐりもする
大きなチカラを持つモノ。

どちらのパターンにも
極力陥らないようにするための細心の注意は
やはり・・・特に、発する側に必要なのかな。

コトバケしてる?されてる?と感じたら、
とにかく しっかり向かい合って
さらなる注意を払ったさらなる「言葉」で
生じた溝を埋め合っていくしか
ないんだよね・・・きっと。


カカオ
IMG_4053-20.jpg


にほんブログ村


にほんブログ村



同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ


絵日記 ブログランキングへ







Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)