FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2019年03月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 「アソビ、アソビ」と うなされるオンナ

「アソビ、アソビ」と うなされるオンナ

2日目の夜も更け・・・

前夜のあの大人げない「り攻め」に対し
ボクは密かに万全の対策を講じていたのだけど、
布団の中で シロップは
すでに、まどろみかけている模様。

しりとりの必要はなさそうだ。(・・・タスカッタ)


それでも 睡魔に抵抗するかのように
仰向けのまま
薄明かりに照らされた天井を見つめながら・・・

シロップは、ぼそぼそと話し始めた。


「ねぇ、機械でも何でも
 モノには“アソビ”と呼ばれる部分があって・・・」



(・・・?)


「アソビがなく、ガチガチに作られたモノは
 かえって壊れやすかったりするんですって・・・」



(アソビの話・・・?マジメな話・・・?)


「人間の場合、それを
 “真面目”なんて言葉を使って
 いい事のようにも言われるけど・・・」



(わぁっ、ホントにアソビのマジメな話だ・・・)


「人間にだって、やはり・・・
 “アソビ”のあるナシは・・・大切よねぇ・・・(ムニャムニャ・・・)」



「・・・・・・(あえて無反応)


「ねぇ・・・(ムニャムニャ)・・・よねぇ?」


「・・・・・・(あえて無反応)


「あれぇ~? 聞いてる~?(ムニャムニャ・・・)」


「ん、なんだっけ?」


「アソビよぉ~アソビ・・・
 アソビがないと・・・アソビ・・・アソビ・・・.zzz…」




あはは
おやすみ、シロップ・・・
また明日、ゆっくり話そう・・・



「うっ、ううっ!・・・アソビ・・・アソビ・・・zzz…」


え・・・? うなされてる・・・??

ア・・・アソビで・・・???(汗)



大丈夫(笑)

キミだって本当は
「アソビ」の部分はちゃんと備えているよ。

自分のソレを 危険な「緩み」と捉え
ついついキツク締め直してしまうだけ。


加減の調節が難しいものだから・・・
お互いの具合をチェックしながら
ボクとアソボ。

余計な振動や衝撃は
一緒に吸収してしまおうね・・・

4037-10.jpg


そう心で呟きながら・・・

ボクも いつの間にか
眠りに落ちていた。



カカオ



にほんブログ村


にほんブログ村



同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ


絵日記 ブログランキングへ






Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)