FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 「愛してる」の代わりに

「愛してる」の代わりに

帰らなくていい

帰さなくていい

時間を忘れていい
貴重な貴重な夜・・・


ボクたちは肌を重ね
心のままに
欲望のままに
互いを求め合っていた


時間を忘れていい夜

時間を忘れていいはずの夜

彼女の首筋に
顔をうずめながら
横目で時計を確認すると

その火照った耳に そっと唇を当て
ソレを待つ・・・


来た・・・


汽笛だ・・・


精一杯の甘い声で
ボクは思いっきりキザに囁いた



「あけましておめでとう」



本当に
時間を忘れていたのだろう

驚きと可笑しさで
飛び起きて吹き出した彼女

その反応に ボクもまた笑ってしまいながら
屈託のない笑顔のその
あまりの愛しさに予感する

ただの挨拶でしかなかったその言葉は
これから先ずっとずっと
大切で
大好きな言葉の一つになるだろう と


こうして ボクたちの新しい年は
生まれたまんまの姿
柔らかな笑いの中で 幕を開けた



カカオ

IMG_4024-10.jpg


にほんブログ村


にほんブログ村



同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ


絵日記 ブログランキングへ






Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)