FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2019年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2019年03月
TOP死神ミケと貧乏神のビン ≫ 死神ミケのこと

死神ミケのこと

ボクたちのスイートには
時どき 死神がやってくる

特別なことじゃない
人間には見えないだけで
コイツらは いつだって
そこいらじゅうをウロウロしているのさ


ボクたちの担当は Mike という名前
胸につけた 「死神証」 の名札に書いてある

所属は 「恐怖心の植え付け課」 で
「連れ去り課」 ではないらしい

その昔
死に憧れさえ抱いていた若い頃のボク担当だった
ナントカってヤツと幼なじみだとかって

「話は聞いてる。
 少しは昔のようにイキがったらどうだ。
 お前たちみたいに まんまと怯えて落ち込まれては
 手応えがなくて ツマラナイ」

やけに馴れ馴れしく肩を組んだり
勝手に残り物のピザを食べたりするんだ


ボクは毎回 同じことを言う

「なぁ、ミケ。
 シロップの薬のニオイを嗅ぎつけてくるのだけは
 やめてくれよ。」

「それが仕事だ、仕方ない。
 そして、俺の名前はマイクだ。」

「ならせめて
 死ってモンを、もう少し優しく教えてくれよ、ミケ。」

「しょうがねぇなぁ・・・そのポップコーンもよこしな。
 いいか、死ってヤツは・・・
 だからミケじゃない、マイクだ。」


シロップに笑顔が戻るまで
いつだって こんなやり取りにつき合ってくれる

決して 悪いヤツじゃないんだ

ミケが 「連れ去り」 に部署変えされないことを
ボクは 心から祈っている




カカオ


mok44.jpg



にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ
にほんブログ村






死神ミケと貧乏神のビン | Comments(-) | Trackbacks(-)